リフォームの基礎知識

リフォームの進め方とポイント

STEP.1 具体的な計画を立てる

 ポイント
・時期、期間は?
・予算は?
リフォームの目的から具体的な計画を立てましょう。
この時点での情報収集も大切なポイントです。

STEP.2 事業者を決める~契約する

 ポイント
・施工業者の寧業内容がリフォーム目的と合致しているか?
・実績や業務内容を吟味、信頼できる事業者か?
・候補を数社選んで同じ条件で見積書を提出してもらい検討したか?
契約前に疑問点・不安点は徹底的に確認しましょう。
見積書・提案書や契約書だけでなく、打ち合わせの際の資料やメモなど書類にはしっかり目を通し、保管しておきましょう。

STEP.3 着工

 ポイント
・工事に向けての準備や近隣への周知は大丈夫か?
・工程表に基づいて進んでいるか?
・変更・追加などが発生していないか?
定期的に施工業者から報告・連絡を受けるようにしましょう。
また、不安がある場合は施工業者の担当者を通じて確認するようにしましょう。

STEP.4 着工後
 ポイント
・事業者立ち会いの下、確認をし説明をうけたか?
・今後のメンテナンスや保証先を確認したか?
☆トラブルになったら・・・
万が一、トラブルになった場合には、国や各市町村の相談窓口やリフォーム専門の第三者機関に相談できます。

リフォームの疑問(Q&A)

Q リフォームの期間はどのぐらいかかりますか?A 改装の範囲で変わってきます。
建物の一部分の改装もリフォームですし、全面改装でもリフォームです。当然のことですが、手を加えれば加える程かかる費用は増えていきます。例えば、畳敷きの6畳間をフローリングに替える場合は十数万円ですが、家全体に及ぶ大掛かりな改装の場合は、建替えの万が安くなる事もあります。Q 満足いくリフォームのポイントは?
A まずは現在の不満点を挙げてみましょう現在のお住まいの不満のある所をリストアップする事をおすすめします。そうする事でただ漠然と不満に感じていた事も具体的に検討出来るようになり、優先順位をつけて内容の整理もしやすくなります。
また、キッチンなどの設備の取り替えをお考えの場合は、ショールームなどで、実際!こ見て触ってみる事も重要です。Q 信頼のおける業者とは?
A 2~3社は候補を挙げて比較しましょう○ 安いからといって契約しないようにしましょう。
○建築士や増改築相談員などの資格者がいるか確認しましょう。
○経験豊富で実績がある事業者かどうか確認しましょう。
○ アフターフォローはどうなのか、工事終了後の保証など必ず確認しましょう。